ホームプレスルーム
平成12年


自社製品CADデータ ホームページで提供 ・・・ 8月9日 日本経済新聞

顧客の利便性向上

 コンクリート製品製造の旭ダンケは、ホームページを通して自社製品のCAD(コンピューターによる設計)用データの無料提供を始めた。建設コンサルタントや設計会社の利用を想定しており、構想や設計段階から自社製品をアピール、受注活動に役立てたい考え。
 提供を始めたのはコンクリート製のパイプに強度を増すために台座となる部分を付けた鉄筋コンクリート台付き管のデータ。CADソフトでの標準的なファイル形式を使っており、取り込んだ設計会社などは自社の図面作製に簡単に利用できるため作業の手間が省ける。
 「今までは製品データをフロッピーディスクに書き込んで提供することもあったが、ネットからダウンロードできることで、格段に利便性が増す」(栗山正三専務)と言う。
 同社では今後、データをダウンロードできる製品数を徐々に増やし、顧客の拡大を狙う。
 ホームページアドレスはhttp://www.asahidanke.co.jp/。