地域とのふれあいを大切に 人と都市・人と明日を考えます

会社情報

社長挨拶

代表取締役近影

代表取締役社長
山下 裕久

社訓 信頼と忍耐 Motto of Company Trust and endurance

「当社が目指すもの」

昭和6年、山下コンクリート工業所として創業以来、85年余りにわたり北海道の開発、街づくりおよびインフラ整備等における土木コンクリート製品全般のメーカーとして、さらには建築用コンクリート製品などを含む多種多様なニーズに応えるべく、コンクリート製品総合メーカーとして品質向上の管理・研究を積み重ねて参りました。
お蔭様で当社の製品に対し高い評価や多くの信頼を寄せて戴いており、これもひとえに皆様方の永年にわたるご愛顧、そしてご指導の賜と衷心より深く感謝申し上げます。

さて近年は、不安定な世界情勢に加え、予測不能な天変地異のため生活基盤が脅かされることも頻繁に発生してきております。今、コンクリート業界に強く求められているものは、既に構築されたインフラ整備の安全基準の見直しに伴い、安心・安全を重視した高品質な製品を迅速に供給するという対応であります。

こうした状況の中で当社は、信頼される土木・建築用コンクリート製品の総合メーカーとして(北海道・東日本を拠点に)社会に貢献し、新しい時代の情勢に的確に対応して参りたいと存じますので、今後ともご理解とご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

社名の由来

株式会社 旭ダンケ

人々に新たな夢と希望を与える旭、地元旭川市の旭。旭の光は8本で末広がりを意味しており、商売は常に“ありがとうございます”との感謝の念を大切にしようとの意味から、ドイツ語のダンケシェンを引用したものです。